ビジネス版追加機能ガイド

ビジネス版は機能追加の頻度が高く、ドキュメンテーションが遅れてしまい利用者の皆様にご不便をお掛けしています。全ての機能をまとめてご紹介できれば良いのですが、間に合っておりませんので少しでも多くの機能をお知らせするため、新機能について随時こちらでご紹介させていただきます。

 

Ver.1.32 スケジュール管理機能の改造と祝祭日データの取得機能追加

スケジュール管理では、予約品目別に予約受付日を調整できるように、予約品目ごとスケジュールデータが用意されます。

これまでのスケジュール管理の操作では、スケジュールデータを1カ月単位で、予約品目と対象月を指定して編集するようになっておりました。

1カ月単位としたのは、例えばサイト管理がされなくなった際、スケジュールデータが登録されていなければ当該サイトで予約ができないようにするための利用者への配慮として、機能をそのようにしました。

スケジュールデータ

スケジュールデータは、カレンダーの全ての日付に対して用意されます。設定できるデータは、以下の4つです。

  • 予約の受付・中止
  • 予約品目で設定された予約受付数の増減調整値
  • カレンダーのTDタグに設定するclass名
  • 複合カレンダーを除く個別カレンダー内に表示する注記

新しいスケジュール管理

Ver.1.32では、月単位で操作するスケジュール管理は負担が掛かるため、年単位で一括操作できるように改良しました。

また祝祭日について、Googleカレンダーが提供する祝祭日のデータを取り込み、スケジュールデータに反映できる機能を追加しました。

予約品目と編集年の選択

編集予約品目と編集年は、画面上部の「予約品目」、「年」から選択し「変更する」ボタンを押して編集画面を表示します。

一括操作

予約の「受付」、または「中止」に関して、対象となる「月」や「曜日」を選択してボタンを押すことで、一括設定ができます。

個別操作

特定日の設定は、カレンダーで日付をクリックしてください。ダイアログが表示されますので、ダイアログの入力ボックスで編集し、変更ボタンを押します。

祝祭日の読み込み

新しいスケジュール管理では、編集年に関して公開されているGoogleカレンダーから祝祭日を予め読込みます。

画面上部の祝祭日を「読込む」ボタンを押すと、読込んだ祝祭日のデータをスケジュールデータのクラスに「holiday」、注記に祝祭日の情報を設定します。

振替休日の場合は注記内容が長いので、編集のダイアログボックスを利用して適当な長さに変更すると良いでしょう。

※ご注意
祝祭日データは、公開されているGoogleカレンダーに設定されている内容を読込みます。そのため、サービスの変更やデータの書き換えがあった場合、正しく動作しなかったり、内容が異なる場合があるかも知れませんのでご留意ください。

編集データの保存

変更したスケジュールデータは、画面下部にある「保存する」ボタンを押すことでデータベースに登録されます。「保存する」ボタンを押さなければ、データベースに登録されている内容は書き替えられません。

追補) 以前の処理に戻したい場合

プラグインパッケージには、以前のスケジュール管理プログラムを残してあります。

以前の処理に戻すには「mts-simple-booking.php」ファイルで、以下のPHP定義文を変更してください。

ただしプログラムを修正しますので、修正に誤りがあると画面が白く表示されたり、エラーが出力されることがありますのでご注意ください。

変更箇所は「スケジュール管理モジュール」とコメントされた118行目(Ver.1.32.0)です。

  • 新しいスケジュール管理
    const SCHEDULE_MODULE = ‘mtssb-scheduler-admin.php’;
  • 以前のスケジュール管理
    const SCHEDULE_MODULE = ‘mtssb-schedule-admin.php’;

(2019-11-26)

Ver.1.31 料金0円の表示抑制と郵便番号検索機能の改造

料金は予約対象となる人数(大人や小人)や、オプション注文の入力項目に設定することができます。

予約品目やオプション注文項目で料金に0円を設定したり、あるいは計算結果が0円の場合、これまで予約人数の項目は0円を表示、オプション注文の入力項目は表示しないようにしておりました。

予約フォームで上記の入力をすると、確認ページの「ご請求」で次のように表示されました。

新しいVer.1.31では、以下のように0円の表示はしないように修正しました。

人数入力項目が0円の場合、上図のように0円の表示をしません。また確認ページの「ご請求」欄も下図のように表示しないようにしました。


これら表示の抑制は予約フォーム入力画面の他、確認画面、予約メール、予約確認画面に対して修正しております。

郵便番号検索の機能改造

郵便番号から住所を検索して入力フォームにセットする機能は、その機能を提供するサーバーのサービスを利用します。

新しいバージョンではGoogle社のサービス以外に、PostcodeJPを利用できるように機能の追加をしました。

利用方法はGoogleまたはPostcodeJPにユーザー登録を行い、APIキーを取得後、管理画面の各種設定、施設情報タブページにAPIキーを設定すれば利用できるようになります。

「郵便番号検索」でGoogle GeocodingかPostcodeJPか選択して、取得したAPIキーの値を入力、保存してください。

サービスを利用する場合、課金の条件などがありますので、よくサービス規約を確認して利用するようにお願いします。

上記サービスを提供する企業、または運営者について、こちらではお付き合いがないため信頼できるかどうかの判断はできませんので、ご了承ください。

PostcodeJPのサイト » https://postcode-jp.com/

その他の修正

予約品目の新規登録でエラーが発生しておりましたので、修正しました。

また予約の重複チェックにおいて、予約フォームの入力送信時に重複チェック動作を実行、予約確認画面からの予約実行時は重複チェックをしてませんでしたが、Ver.1.31では重複チェックを実行するように変更しました。

Ver.1.30 予約カレンダーの連続月表示機能追加

これまでの「予約カレンダー」と「複合予約カレンダー」の表示は、1カ月の表示でした。

このバージョンではショートコードに月数を指定、当月から連続して出力する機能を追加しました。これにより2カ月、3カ月…、の表示ができるようになります。

ショートコードの設定は「term=”x” title=”” pagination=”0″」の3つのパラメータを追加します。「x」は月数で、デフォルトは1です。

なお翌月(前月)のリンク表示機能が動作しなくなりますので、上記のように「pagination=”0″」を追加して表示しないように設定してください。

次の例は複合予約カレンダー2カ月を表示した例です。ショートコードは次のように設定しました。

[multiple_calendar id=”xx,yy” term=”2″ title=”” pagination=”0″]

Ver.1.29 予約フォーム画面表示用メッセージフィルターの追加

Ver.1.29 予約フォーム画面表示用メッセージフィルターの追加

このバージョンは、Ver.1.28に対しての不具合修正と小さな機能追加です。

追加機能は3つあり、詳細は以下の通りです。

予約フォームページの上下にメッセージを挿入するフィルター

予約の入力フォームは、スラッグ名に「booking-form」と名付けられた固定ページを表示するとき入出力処理が実行されます。プログラムから出力されるフォームデータは、予約処理の流れに応じて次の3つの段階に分かれます。

・入力フォームの表示
・入力確認画面の表示
・送信後の表示

段階に応じて表示出力する内容は変わりますが、当該固定ページのコンテンツに入力した内容の後ろに出力されます(送信後はコンテンツを出力しません)。

メッセージフィルターは、段階に応じて適切な内容を表示したい場合に、異なる内容を出力できるように用意しました。

入力フォームの表示前後のメッセージフィルター

  • booking_form_before
    入力フォーム出力の前に、フィルター関数から渡された文字列を出力します。
  • booking_form_after
    入力フォーム出力の後に、フィルター関数から渡された文字列を出力します。

この機能は以前からありましたが、説明を掲載しておりませんでしたので改めてご紹介します。

メッセージフィルター関数から渡される引数は2つあり、2番目は連想配列で予約品目のIDがインデックス「aid」にセットされています。

サンプルプログラム

入力確認画面の前後のメッセージフィルター

  • booking_form_confirm_before
    入力確認画面出力の前に、フィルター関数から渡された文字列を出力します。
  • booking_form_confirm_after
    入力確認画面出力の後に、フィルター関数から渡された文字列を出力します。

引数、利用方法は前述のフィルターと同様です。

サンプルプログラム

フロントエンドの予約確認画面におけるキャンセルボタン表示内容

予約のキャンセルボタンは、各種設定や予約品目に設定されたキャンセルの条件により、フロントエンドで表示する予約検索ページの上部に表示されます。

» Ver.1.8 予約のキャンセル

新しく追加されたメッセージフィルターは、キャンセルボタンに表示する「キャンセル」文字列を書き換えます。

サンプルプログラム

PayPalボタンの画像入れ替え

PayPalから提供されるボタン画像を変更できるように、各種設定の「料金関係設定」に画像ファイルのURL設定項目を追加しました。

PayPalからお知らせのあった「ロゴ・ボタンのダウンロード」ページリンクは、次の通りです(2018年3月現在)。

» PayPal ロゴ・ボタンのダウンロード

「HTMLコードを取得する」をクリックするとHTMLソースが表示されます。このソースのimgタグで指定されたsrc属性の値(画像のURL)を各種設定の料金関係設定、「PayPalボタンの画像」項目に設定してください。

 

Ver. 1.28 カレンダー表示、予約受付開始の境界選択機能追加

これまで予約の受け付けは、カレンダー表示に合わせていました。管理画面で設定された「月数」の月末までが予約受付期間となります。

新しいVer.1.28は、管理画面に新しい設定項目「予約受付境界」を用意しました。

「予約受付境界」で「日付」を選択すると、カレンダーの表示や予約受付期間が当月から「予約受付期間」で設定した月の当日前まで、となります。例えばブラウザー操作日が「11月3日」なら、2ヶ月後の翌年「1月2日」までが表示、受付期間となります。

「予約受付境界」で「月最終日」を選択した場合(デフォルト設定です)、これまで通り最終表示月の最終日までとなります。

「予約受付期間=2、予約受付境界=日付」を設定した時のカレンダーの例:

この予約受付境界の設定は、予約カレンダーを含めて全てのカレンダー表示に有効です。

その他の変更機能

「複合予約カレンダー」の表示で、スケジュール管理データの「td」タグに設定する「class」属性は、先頭に指定された予約品目のスケジュールデータが表示されます。

同じくスケジュール管理データの「注記」は、これまで出力されませんでした。

新しいVer.1.28では、class属性と同様、先頭に指定された予約品目のスケジュールデータのものを出力するように、機能を変更しました。

 

 

 

Ver.1.27 名前入力の姓名分割と郵便番号検索機能追加

新しいバージョンは、入力フォームにおける予約者の名前入力を姓と名に分割しました。また住所の入力で郵便番号検索機能を追加しました。

v1270001

名前の入力

予約フォームにおいて、名前の入力を「姓」と「名」の2つの入力項目に分割しました。

これに合わせて、メール内で利用する「姓・名・セイ・メイ」の各リプレースメントを新しく追加、及び、CSV出力において各項目を指定する事で出力できるようになりました。

なおこれまで利用していた「名前」と「フリガナ」は、そのまま継続して利用する事が可能です。

メール内で利用する場合のレプレースメントは次の通りです。


  • %CLIENT_SEI%

  • %CLIENT_MEI%
  • セイ
    %CLIENT_SEI_KANA%
  • メイ
    %CLIENT_MEI_KANA%

CSV出力の項目指定は次のキーコードを利用して下さい。


  • client.sei

  • client.mei
  • セイ
    client.sei_kana
  • メイ
    client.mei_kana

郵便番号検索

予約フォームで郵便番号を入力して検索ボタンを押すと、検索結果が住所欄にコピーされるようにしました。本機能は、検索結果不明な場合は空白がセットされます。

Webサイトにおける郵便番号検索は、現在Webアプリケーションとして公的機関からは提供されおりません。有償、あるいは、無償で利用可能なサービスはいくつかありますが、本システムはGoogleが提供する機能を利用するようにいたしました。

そのため、Googleにおいて当該機能の提供停止や仕様変更があった場合、正常に動作しなくなる可能性がありますので予めご了承下さい。

 

Ver.1.25 管理者宛予約・キャンセルメールへ予約数の情報を追加

管理者宛の予約メール、予約キャンセルメールの内容に、その予約処理が実行された結果変動した予約数の状況を追加するようにしました。

追加内容

追加された情報はその予約時間帯処理後の「予約数」と「予約可能数」で、メールの下部に次の図のように追加されます。

mtssb12501

なお「予約可能数」のタイトルは「予約枠」として出力しています。

メールに追加する表現を変更したい場合は次のメッセージフィルター機能を利用して書き換えて下さい。

メッセージフィルター機能

メールに追加する出力は、PHPプログラムで次のような命令による文字列が出力されます。

出力内容を書き換えたい場合、メッセージフィルター名

mtssb_mail_booking_info

を利用して書き換える事ができます。

以下サンプルプログラムです。

サンプル例で予約キャンセルのメールに追加された出力は次のようになります。

mtssb12502

 

Ver.1.24 予約の重複チェック機能追加

既に予約しているのに、誤って同じ日の同じ時間帯を予約しようとしたとき、重複チェック機能により「予約済みです。」のエラーを出力することができるようになりました。

重複チェックの設定

重複チェックの有効・無効は、予約品目の「予約処理設定」部で指定します。この部分が設定(チェック)されていなければ重複チェックは実行されません。

mtssb12401

重複のチェックは、「名前・メールアドレス・電話番号」の入力項目に入力されたデータと同じ日の同じ時間帯に予約されたデータを比較し、それぞれが同じなら「重複している」と見なします。

各項目をチェックするかどうかは選択式で、チェックされた項目は「AND」検索します。ですので入力データが1文字でも異なれば、重複とは見なされません。

ところで名前の氏と名を分かつ空白、メールアドレス、電話番号のそれぞれの入力データは、本システムが半角文字に自動変換して登録します。重複チェックにおいても半角文字に変換後のデータを利用して検索します。

エラー出力

エラー出力のHTMLは次の通りです。予約フォームでエラーが発生した場合の出力と同じタグになります。必要に応じてCSSを編集、追加するなどご用意下さい。

※ご注意

重複チェックは入力文字列を比較するだけですので、同一人物による重複予約を完全にシャットアウトする事はできません。

 

Ver.1.22 予約完了・キャンセル・リマインダーメールの送信前変更

予約フォーム入力以外で送信するメール(予約完了等)に関して、送信する前にメールの送信情報を変更可能なメッセージフィルター機能を追加しました。

メール送信の際利用するデータ項目は、

  • 宛先(to)
  • 件名(subject)
  • 内容(body)
  • 送信者メールアドレス(from)
  • ccとbcc(header)

になります。

これらの項目を新しく準備した「mtssb_mail_exchange」メッセージフィルター機能により、変更することができるようになりました。

メッセージフィルターのパラメータについて

メッセージフィルターに渡されるデータは複数のパラメータで、以下の配列形式で渡されます。

  1. state:メール種別
    送信するメールの種類を示し、以下の文字列の1つがセットされます。
    ・confirm 予約完了
    ・cancel キャンセルメール
    ・canceled キャンセル実行済み
    ・remind リマインダー
  2. aid:予約品目ID
    予約データの予約品目ID
  3. to:送信先アドレス
    空白(canceled以外)の場合は予約者のメールアドレスになります。
  4. subject:件名
    メールの表題
  5. body:メール文
    送信文データ
  6. from:送信元アドレス
    アドレスの指定は「送信者名 <name@example.com>」の表現がお勧めです。
  7. header:ccとbcc
    利用する場合は配列で次のように指定します。
    array(‘cc’ => 送信先アドレス、’bcc’ => 送信先アドレス)

利用例

メールの送信元は、通常管理画面で設定された施設のメールアドレスが「from」に渡されます。以下はこれを別の送信元「webmaster@example.com」に変更する例です。

ご注意

メッセージフィルター関数から戻されたデータはWordPressの「wp_mail()」関数に渡します。パラメータに不具合があると正常に送信されないことがありますので、ご利用の際はご留意下さい。

 

Ver.1.21 予約日時が近づいた事を知らせる予約通知メール

Ver.1.21 予約日時が近づいた事を知らせる予約通知メール

予約した日から利用日まで時間が長い場合、あるいは当日改めて確認したい場合などに予約完了メールとは別の「通知メール」を送りたいことがあります。そのとき、この機能を利用して自動送信することで、個別にメール送信する手間を省くことができます。

表示する