ビジネス版追加機能ガイド

ビジネス版は機能追加の頻度が高く、ドキュメンテーションが遅れてしまい利用者の皆様にご不便をお掛けしています。全ての機能をまとめてご紹介できれば良いのですが、間に合っておりませんので少しでも多くの機能をお知らせするため、新機能について随時こちらでご紹介させていただきます。

 

Ver.1.17 予約受付終了の時刻設定と管理画面の便利機能追加

Ver.1.17 予約受付終了の時刻設定と管理画面の便利機能追加

予約の受け付けをいつまでするか、その日から数えて何日前まで有効とするか、あるいは何時間前までなら予約を受け付けるかの設定は、予約の対象により要求も様々です。そこでVer.1.17では新しく時刻が指定できるようになりました。その他、管理画面の操作で、便利な機能を追加しましたの紹介します。

表示する

Ver.1.16 予約カレンダーの時間割で予約者名の表示機能追加

Ver.1.16 予約カレンダーの時間割で予約者名の表示機能追加

通常の利用では、予約情報は管理者のみが管理しており予約者が誰かは、一般に知らされることはありません。

Ver.1.16では、予約カレンダーから時間割を表示したとき、予約状況の記号の下に予約者の名前を表示できる機能が追加されました。 表示する

Ver.1.15 予約リストのCSVデータダウンロード機能追加

Ver.1.15 予約リストのCSVデータダウンロード機能追加

予約データには予約日時の他、予約者の名前や電話番号など予約者情報やオプション選択された情報が登録されています。これらの情報は管理画面の「予約リスト」から参照する事ができます。しかし、外部にデータを出力するには、カットアンドペーストを利用する以外方法がありませんでした。 表示する

Ver.1.14 予約リストから予約確認・完了メールを送信する機能追加

Ver.1.14 予約リストから予約確認・完了メールを送信する機能追加

Webサイトから予約されると予約メールが送信されます。その後の予約確認作業は管理者に任されていますが、予約リストから簡単に予約確認・完了メールの送信、予約確認済みチェックができるようになりました。 表示する

Ver.1.13 予約入力フォームとオプションデータの制御

Ver.1.13 予約入力フォームとオプションデータの制御

予約の入力フォーム画面で、追加したオプション項目に対して利用者が入力した結果により、PayPalボタンか予約ボタンのどちらか一方を表示するようにしたい、あるいはオプション項目で入力されたデータを独自にチェックしたい場合があります。
表示する

Ver.1.12.0 異なる予約品目を表示するミックスカレンダー

Ver.1.12.0 異なる予約品目を表示するミックスカレンダー

複数の予約品目を同時に表示する新しい予約カレンダー、「ミックスカレンダー」機能を追加しました。このカレンダー機能は同じく新しく追加したウィジェットと連携させることで、より良いUI(ユーザーインターフェース)をご提供いただくことが可能となります。
表示する

Ver.1.11.0 予約自動返信メール送信時のフィルター機能追加

Ver.1.11.0 予約自動返信メール送信時のフィルター機能追加

フロントエンドから予約されると予約内容を記した予約メールを、予約者・施設・モバイル・予約品目の指定、のメールアドレスへ送信します。

表示する

Ver.1.10.0 予約カレンダー時間割選択のセレクトボックス指定

Ver.1.10.0 予約カレンダー時間割選択のセレクトボックス指定

予約カレンダーから予約日の時間割を選択する表示は、テーブルタグを利用した一覧表からの選択が標準でした。新しいバージョンでは、時間割選択をセレクトボックスを利用した処理を設定できるようになりました。

表示する

Ver.1.9.5 予約のリストカレンダーと予約メール送信先追加

Ver.1.9.5 予約のリストカレンダーと予約メール送信先追加

予約カレンダーに、新たにリストカレンダーを表示するショートコードが追加されました。同時に、管理者宛予約メールを別のメールアドレスへ送信する機能が追加されました。

表示する

Ver.1.9 オプションのグループ設定

Ver.1.9 オプションのグループ設定

一連のオプション項目を1つのグループとして、複数のグループを設定・登録できるようになりました。これにより予約品目ごと、異なるオプションを設定することができるようになりました。

表示する